マスターコーアクシャル

新生シーマスター300は、外観こそレトロ調だが、その中身は最新鋭となっています。(前記事参照)

とりわけ15,000ガウス以上もの耐磁性能をもつマスターコーアクシャルを備えたCal.8400は、このダイバーズウォッチに卓越した実用性をもたらしました。

コーアクシャルと呼ばれる新型脱進機を載せた自動巻きキャリバー2500が発表されたのは1999年のことです。

ガンギ車の油キレが起きにくく、等時性に優れるコーアクシャル脱進機は、デテントとスイスレバーの「良いとこどり」をした理想的な脱進機でした。

しかし、開発当初、この脱進機には問題がありました。

脱進機の重さに対して、主ゼンマイのトルクが足りなかったため、ガンギ車とアンクルの追従性が良くありませんでした。

加えて、開発者のジョージ・ダニエルズが振動数を19,800振動/時以上にしないように助言したにも関わらず、オメガは携帯精度改善のためCal.2500系の振動数を28,800振動/時まで高めてしまいました。

重い脱進機と高い振動数は振り角を落とす原因となり、かえってCal.2500系の携帯精度を悪化させてしまいました。

そのままで終わらないオメガは、毎年のように改良を重ね、数年後には機動性や等時性、低い振り角といった問題を解決しました。

Cal.2500系の反省を踏まえ新規設計されたコーアクシャル専用機がCal.8500です。

calibre-8500

シーマスター300が搭載するCal.8400は、これからデイト表示を省いたものです。

 

オメガはCal.8500のパフォーマンスを証明しようとして、発表時にはロレックスの名機Cal.3100系を引き合いにしていました。

Cal.8500の使用可能なエネルギーは69ジュールで、Cal.3100よりも35%も高いのです。

重いコーアクシャル脱進機は、スイスレバー脱進機に比べてエネルギーロスが大きいのですが、エネルギーを増やした結果、Cal.8500のテンプのQ値は310μWとCal.3100より4%も大きくなりました。

これを可能にしたのが、強いトルクを持つダブルバレルと、25,200振動/時というロービートでした。

Cal.2500系での反省点を盛り込んだ新しいコーアクシャル脱進機Cal.8500は素晴らしい携帯性能を誇っていました。

 

しかし、Cal.8500系にも普遍的な問題が残っていました。

メンテナンスが必要な時計の54%が何らかの理由で帯磁していたのです。

磁気帯びは使い方を変えれば防げるというものの、今や磁気はあらゆるところにあるため、磁気をどう避ければいいのか分かりません。

そこで、オメガはCal.8500系から磁気帯びという問題を一掃しようとプロジェクトを立ち上げました。

機械式時計のムーブメントに耐磁性能を持たせたければ、軟鉄製のカバーで覆うのが定石ですが、そうするとムーブメントは見られなくなるし、デイト表示も備えられないので、従来とは異なる方法を考える必要がありました。

研究の結果、オメガは磁気をシャットアウトするのではなk、ムーブメント自体を非磁性にすればよいことに気づきました。

幸いにも、この試みにはIWCの「インヂュニア500000A/m」という先達がありました。

これはムーブメントの金属部品を、非磁性の素材に置き換えた、公式表示の耐磁性能50万A/mという超耐磁時計でした。

しかし、非公式には270万A/mという驚くべき耐磁性能を持っていたのです。

 

オメガの開発陣は、当然この時計の存在を知っていましたし、その失敗の理由も知っていました。

ひとつは、非磁性のヒゲゼンマイがプアな温度特性しか持てなかったこと。

ヒゲゼンマイは耐磁性を高めると温度特性が悪くなり、温度特性を改善すると耐磁性が悪化するという、背反する性質があります。

インヂュニア500000A/mが使用した新しいヒゲゼンマイは、耐磁性こそ優れていましたが温度が変化すると精度が悪化したのです。

さらに鉄を含まない非磁性の素材は耐久性にも問題があったため、IWCは僅か3年で製造を中止せざるを得なくなりました。

 

インヂュニア500000A/mの開発に携わったのは、スウォッチグループのETAとニヴァロックスでしたが、幸いにもオメガもスウォッチグループの一員でした。

そのためニヴァロックスから磁気を帯びないシリコンヒゲゼンマイの供給を受けることができました。

加えてオメガは、磁気を帯びず、しかし非常に硬い新素材「ニヴァガウス」の開発に成功しました。

プロジェクトを担当した副社長のジャン・クロード・モナションは「ニヴァガウスの耐久性は、鉄系の素材と変わりありません。」と言っています。

 

新素材の採用により、超耐磁は現実的なものとなってきました。

耐磁性能を強化したCal.8500(およびデイト表示なしのCal.8400)の公式な耐磁性能は15,000ガウスですが、非公式には85,000ガウスもの帯磁性能を持っていると言われます。

つまり日常使用で磁気帯びする可能性は限りなく低いと言えます。

しかも軟鉄製のカバーを持たないため、時計を軽くでき、Cal.8500ではデイト表示も載せることができます。

maxresdefault

 

オメガは、今後コーアクシャル搭載機の全てを超耐磁マスターコーアクシャルと公式規格を通ったマスタークロノメーターに切り替えていくと宣言しました。

マスタークロノメーターとはMETAS(Swiss Federal Institute of Metrology=スイス連邦計量・認定局)が定めた時計の新しい認定プロセスで、COSC(スイスクロノメーター検査協会)の認定を受けて戻ってきたムーブメントをケーシングした後、実際に腕に着用された状態を想定して水と15,000ガウスの高磁場環境の中で正常に動作することを検査し合格した個体という証明です。

 

現時点での採用例はまだ多くありませんが、新しいシーマスター300は全てがマスターコーアクシャル搭載機です。


カテゴリー: Uncategorized パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です